REINA


短期集中連載・日本におけるCMLL世界女子王座の歴史

VOL.1:日本初!CMLL所属選手同士のタイトルマッチ
VOL.2:栗原あゆみがCMLL世界女子王座初挑戦!
VOL.3:”絶対王者”マルセラ
VOL.4:朱里のCMLL遠征奮闘記2014

VOL.4

VOL.4:朱里のCMLL遠征奮闘記2014



2014年4月14日から25日までのスケジュールでメキシコCMLL遠征を果たした朱里。
アレナメヒコ4大会出場という快挙を成し遂げ、朱里ブームを巻き起こしたその10日間をここに振り返ってみよう。

○初日
「フィリピン人の父に投げっぱなしジャーマン」
 公演終了翌日という強行スケジュールで成田に現れた朱里。前夜の興奮覚めやらぬまま、機上の人に。
 途中、乗り継ぎのロスアンゼルスでは4時間の待機時間が発生。ようやく搭乗となり、メキシコに到着したのが午後11時過ぎ。ところが到着後、なかなか空港から出られないハプニングに。「20分くらい、ずっと入国カードとにらめっこしてて、スペイン語で書いてあるからわからなくて、その間に人もだんだんいなくなって、不安になってきたときに、掃除してるおじさんが英語ができる人で、あまりメキシコには英語の出来る人がいないんですけど、たまたまその人が助けてくれて、やっと空港から出ることができいましたと、初日から苦労がありつつも深夜無事チェックインにこぎつけた。

○2日目
 午前中からCMLL事務所にて打ち合わせやスタッフへの挨拶。たまたま居合せた選手とも記念撮影。その後、少し取材を受ける。「選手やスタッフ、いろんなメディアのかたがたくさん出入りしていて、すごい団体だなって実感もしましたし、ありがたさも感じました」という朱里は一度ホテルへ戻った後、夜はいよいよ第一戦に挑む。
 ちょうどこのとき、日本でのキックの大会から舞台稽古、本番と続いた一連のスケジュールもあり、疲れがピークだったとか。それでも試合は疲れを見せないほどのたたずまい。
 朱里&エストレジータ&シルエタ組がアマポーラ&ダリス&ティファニー組と対戦するも1対2で敗れる。決勝ラウンドをアマポーラに取られ、「アマポーラは初めてあたりましたけど、やはり力が強かったです。でも20日は必ず防衛を果たして、この団体でもっともっと上を目指していきたいです」と決意を新たにした。
朱里

○3日目
 朝からホテル近くのジムにてOKUMURA、カマイタチ、闘龍門の花岡大輔らとルチャいい練習。ジャべや空中技をみっちりと練習し、「すごく中身が濃くていい練習が出来ました」と笑顔。なかでもコルバタからのスクールボーイは練習に参加していたカマイタチが「練習するうちにどんどん凄くなってきた」と驚くほどの完成度に。試合での披露に期待。
 その後、これまでの疲れとメキシコ入りしてから、果物とお菓子しか食べていなかったこともあって体調を崩し、ホテルで休養。
 起床後はスパゲティを自炊して食べるなどすると回復。
朱里

○4日目
 午前はアレナメヒコにて練習。その後、いったんホテルへ戻り、夕方前には現地日本人のホームパーティに参加。
 日本食が並ぶ食卓に頬が緩むも、一気に食べたせいで胃が痛くなるというハプニングも。その後は明日からのスケジュールに備え休養に当てる。

○5日目
 いよいよアレナメヒコで第二戦。出発前にホテルでテーマ曲を選択。1試合目でのテーマソングはCMLLが用意した仮の曲だったことで、吟味の結果、前テーマである「ストリートファイター4・さくらのテーマ」を採用。
 これを選んだ理由は入場時にハッキリとわかる。
 テーマ曲がかかると1回転して登場、観客席に手を振り、ハイタッチをかわし、テレビカメラには投げキッスをするなど、アピール度十分の入場に。そのバックBGMとして同曲はマッチしていた。
 試合はマルセラ&朱里&ダーク・エンジェルという、超豪華なテクニカ組が実現。プリンセサ・ブランカ&プリンセサ・スヘイ&セウシス組を2対1で下し、決勝フォールを朱里自身の手で奪う。
 2日前の練習で会得したコルバタからのスクールボーイも見事に決まり、さらには蹴りも効果的に決まる。第2戦にてメキシコのファンへ、大きく“SYURI”の名を刻んだ。
朱里

○6日目
 午前、アレナメヒコにて練習。その後、一度ホテルへ戻り、午後からは撮影に。革命記念塔やチャペルテック公園を回る。途中、昼食に入ったレストランで「実はこの遠征、初めてレストランに入りました」と意外(?)な告白。
 注文したビーフステーキがタコスの具材だったらしく想像とは違ったものが出てきて、ステーキにありつけず。スタッフの注文したハンバーガーと取替え、とりあえず初のレストラン食は終了。

 撮影用に乗ったボートではまったく前に進まず、ひたすら周りをくるくる回るだけのハプニングも。その後、フェイスペイントにも挑戦。
 意外(?)にも似合っていて将来のペイントレスラーもありかも??
 夕方にはスーパーで買い物を済ませ、夜は日本人ルチャドーラたちによる女子会を開催。
朱里

○7日目
 タイトルマッチ当日。ランチはステーキで腹ごしらえ。夜の試合に備える。
 4時会場入り。大型連休最終日のタイトル戦は4試合めというセミ前のラインアップ。5時の生中継開始にあわせ、まずはアマポーラのインタビューから始まるというオープニング。
 朱里も第2試合終了後にインタビュールームに登場し、「勝ちます!」と日本語で答える。
 試合は1対1のあと、バッククラッカーが決まり王座転落。

 最強女帝の前にベルトを失うも、アレナメヒコでのタイトル戦の経験、プランチャやティヘラの披露など、得るものが大きい一戦となった。試合後、ソナロッサにある日本食レストランへ。
 鉄火丼とてんぷらを注文。「ぜんぜん、日本の味と変わらないですー」と感激していた。
朱里

○8日目
 タイトルマッチから一夜明け、午前中はCMLL事務所にてミーティング。その後、メキシコの民芸品が立ち並ぶシウダレラ市場に足を運び、お土産品を購入。「どれも同じに見えるー」などと言いながらグルグル回る。夜のアレナプエブラ大会の出発までまだ少し時間があったので、ファミレスにてお茶。それからバスの中での食事として、元レジェンドのベビーフェイスさんが経営する屋台レストランで「OKUMURA」なる日本食メニューを注文。ベビーフェイスさんとの記念撮影ではなぜかヘッドロックをかけられる。
 その後、ネグロ・カサスと偶然アレナメヒコの付近で会い、記念撮影。前夜、マヒストラルを繰り出したのも何かの因縁か??
 そしてバスに乗り込むこと3時間、アレナプエブラに到着。試合まで時間があったのでダーク・エンジェルとお茶。慣れない英語でがんばって話していました。
 夜のプエブラ大会でのはじけっぷりはすさまじかった!日本とはまったく違う朱里の一面が見られたかも。試合詳細は各メディアの報道をご覧ください。
 ちなみにこの日発売の「ルチャドスミル」誌の表紙にも抜擢されるなどメキシコでの注目度は日に日に上がっていく。先週の火、金、日曜日の試合が全てテレビ中継されたこともあり、知名度は抜群にアップ。朱里コールのほか、会場の外で待つファンの数も驚異的に増え、メキシコに朱里フィーバーが到来!
朱里

○9日目
 午前中はCMLLのルチャクラスに初参加。これまで、試合の連戦などでなかなか参加する機会がなかったが、この日は約20名のルチャドールに混じって練習。今まで知ることの出来なかったルチャの奥深さに触れ感動的だったようで、「もっともっと長くメキシコにいて、ルチャを勉強して、いろいろ自分に取り入れたいです」と向上心の強さを見せた。
 その後は近所のファミレスでお茶した後、CMLL事務所にてお世話になった方々へ挨拶。その後は再びファミレスへ。メニューを見てステーキがあるのに驚き、さっそく注文。「メキシコといえばタコスとかばっかりだと思ったのに、普通のメニューもあるんですね」とちょっぴり天然的な回答も。ガッツリ食べた後はいよいよアレナメヒコにてラストマッチ。
 延べ9日間の滞在でアレナメヒコ4大会、プエブラ1大会の5大会に出場し、すべてテレビ中継されるという快挙。メキシコでの知名度は格段に上がり、朱里の名前は広く知れわたった。
 試合後はメキシコのメディアの方と交流したあと、ネグロカサスと再び会う。ここでマヒストラルをメキシコ入りしてから使っていることを伝えると、その場でマヒストラルのコツを伝授されるというサプライズ。さらにジャベなのコツも教えてもらい最後には「次にメキシコへ来るときはさらに進化するように教えます」と次回の指導の話までいただく。
 この日ファンの方からメキシコの一般紙「El Grafico」をいただき、新聞にも掲載されていたことを知りビックリ。「こんな大きく載ってるなんて…」と喜びを隠せない様子。ホテルに戻ってからは翌早朝発のため、寝ないで行こうとがんばって深夜も起きていた模様だが、果たして無事に飛行機へ乗れたかどうか…。

○10日目
 無事、ダラス乗り継ぎで帰国の途に着いた朱里は早速翌日、WNC後楽園ホール大会にてネグロカサス直伝のラ・マヒストラルでアレックスリーから快勝。
 CMLLの頂点めざし、また新たなる日々が始まった。

VOL.2

VOL.2:栗原あゆみがCMLL世界女子王座初挑戦!



 CMLL世界王者に輝いた選手は初代王者・ブル中野を筆頭に第4代・レイナフブキ、第6代・吉田万里子、第10代・HIROKA、そして第14代・栗原あゆみが並ぶ。
 REINA旗揚げ戦ではマルセラ対アマポーラのCMLL所属同士という意味では初の選手権戦が日本で行なわれたことになる。その後、REINAマットでは2011年9月18日にアマポーラ対栗原あゆみのCMLL世界戦が行なわれた。
 さかのぼること4か月前、REINA旗揚げ戦ではもう一つのCMLL世界女子戦が行なわれていた。それは栗原あゆみ対下田美馬の次期CMLL世界女子挑戦者決定戦だ。この試合で下田を破った栗原が挑戦者の資格を獲得し、再度来日したアマポーラとのCMLL世界女子戦が行なわれることとなった。
 このとき、会場は新木場1stRING。同地としては初のCMLL世界戦だ。試合はこのときすでに23度の防衛に成功していた絶対王者のアマポーラに対し上り調子にあった栗原あゆみが互角の攻防を見せ、白熱した好勝負となった。
 前夜、サムライTVへ生出演したアマポーラは、帰宅途中、同行したスタッフに「新木場はどんな会場なの? どこから飛ぼうかといろいろ考えてて…」と会場のことを気にかけていた。3本目に飛び出したトペコンはインパクトの強い迫力のある一撃に。アマポーラは新木場で華麗に舞った。

▼CMLL世界女子選手権試合・時間無制限3本勝負
 アマポーラ(2−1)栗原あゆみ
 [1]栗原(4分39秒/マサドーラ)アマポーラ
 [2]アマポーラ(2分8秒/エル・プルポ)栗原
 [3]アマポーラ(9分21秒/デビル・スウィング→片エビ固め)栗原
 ※第12代王者が24度目の防衛に成功。


栗原あゆみVSアマポーラ  5・8旗揚げ戦以来、4ヶ月ぶりにアマポーラがレイナのリングに登場。ベルトをはさんでの記念撮影から握手でスタートした試合は、バックの取り合いからロックアップを経てグラウンドの攻防へ。ゴリースペシャルを決めたアマポーラは栗原の体を前方に倒してフォールを狙うと、栗原は腕十字で反撃。さらに両手を広げて大回転してアマポーラを投げ捨てると、うつぶせとなったアマポーラの手足を固めてシーソーのように揺さぶりをかけるマサドーラでギブアップを奪い、1本目を先取した。
 あとがなくなったアマポーラはドロップキックから強烈なエルボーを打ち込むが、栗原はアマポーラをコーナーに詰めるとダブルニーアタックで押しつぶす。しかしアマポーラはサソリ固めの体勢からステップオーバーすると、栗原の両腕を取って吊るし上げる形でギブアップを奪いスコアをイーブンに戻す。
 勝負のかかった3本目、栗原はぶら下がり式の腕十字からゆりかもめ。アマポーラは変形のレッグロックで栗原をロープに這わせる。ドロップキックで栗原を場外に落としたアマポーラはロープの間をくぐり抜けるトペ・コンヒーロを発射。この一撃で後頭部を打ちつけてしまった栗原だが、ロープにもたれかかるアマポーラへの低空ドロップキックを連発すると、場外のアマポーラににプランチャ、リングに戻ったアマポーラにミサイルキックと猛攻。アマポーラもミサイルキックで反撃するが、栗原はラ・マヒストラルから裏投げを一閃。それでもカウントに届かない。栗原の後頭部にヒザを当てて倒れこみながら叩きつけたアマポーラは、開脚式のダブルアーム・フェースバスターで3カウントを奪取。栗原の挑戦を退けた。

アマポーラ ★バックステージのコメント

 アマポーラ「アユミはとても強い選手ですけど、私も強いです。いつでもどこでも、また闘いたいです。日本の選手は強いので試合をするのは大好き。私も日本のスタイルを勉強したいし、いろんな選手と闘いたいです。グラシアス、ドウモアリガト」

 栗原「メキシコでも何回か当たってアマポーラの強さっていうのは重々知っていたので、ホントにそれは覚悟の上で挑んだんですけど…やっぱり強かった! っていう。負けて悔しいし、でもまだ変形裏投げとか出せなかったんで、自分の技に手ごたえっていうのはすごい感じたので、まだまだ自分的にはあきらめてません。メキシコ行ってでもまた狙いに行きたいなと。1回負けたぐらいじゃ自分はしぶといんでそのへん(笑)。あきらめないで、また挑戦できるチャンスを自分でつかみたいです」。

 ━━再戦の希望はベルトに対してか、アマポーラに対してか?

 栗原「両方ですね。両方なんですけど、やっぱり負けた借りは返したいので。ブル中野さんが巻いていたりとか、自分が憧れてるレイナ・フブキさんが巻いてたりとか、ホントに何十年もあるすごい歴史のあるベルトなんで、挑戦するっていうことだけでもすごいベルトだと思ってリングに上がったので。今日は届きませんでしたけど、やっぱり巻くことは夢なんで、夢は叶えたいと思ってます」。

VOL.1

VOL.1:日本初!CMLL所属選手同士のタイトルマッチ



 CMLLはメキシコではもちろんのこと、世界のどの団体よりも最古の歴史を持つプロレス団体だ。創立は1933年。実に81年にもわたる。CMLLへ派遣された日本人選手は皆、その規模や組織の大きさに驚く。テレビ中継は地上波で世界20か国に放送され、毎週ゴールデンタイム放送がある。
 そして、メディアの注目度も高く、現地の新聞や雑誌、テレビなどがこぞって取材に訪れる。聖地・アレナメヒコは日本武道館クラスの会場であり、ここで週に2度の定期戦、月に1度の特別興行が行なわれる。
 女子部の創設は1990年。当時、全日本女子プロレスが創設より1年後の91年10月に提携し、山田敏代&井上京子をはじめとし、その後、2選手づつ派遣していた。CMLL女子部と、日本における女子プロレスの大きなパイプ役となったのがブル中野だ。92年6月には初代女子王座決定トーナメント戦が12選手参加のもと行なわれ、ブルが決勝でローラゴンザレスを破り優勝。初代王者に輝いた。その後、幾度となく存亡の危機を迎えた女子部であるが、休止を経て2004年から再開すると、活況を取り戻す。
HIROKA  再び日本との接点をもたらせたのは、LLPWを退団後、単身メキシコへ渡っていたHIROKAだ。HIROKAはレヴン寛香の名前でデビューを果たすものの、特にこれといった活躍をすることにくメキシコに活路を求めた。再開後、王者に君臨していたマルセラからアレナメヒコにて奪取したニュースは日本でも大きな話題として取り上げられた。
 HIROKAはタイトル奪取後、日本からのオファーで凱旋帰国。その直前でレディアパッチェにタイトルを奪われ、丸腰での帰国とはなったが、世界王者としての貫録や風格を身に付けていた。
 HIROKAは約1カ月、マルセラとともに『格闘美』をはじめとし、各団体へ参戦。背後から相手を抱えて前方に落とす必殺技を引っさげていたものの、名前を特に付けていなかったことで、宿泊先にしていた都内の日本人宅で夜通し考えたものだ。その後、「ムエルテ・デ・クリスト」と名づけ、各団体で連戦連勝を飾った。
 2010年9月にはCMLLへ栗原あゆみが初の遠征を果たす。栗原は聖地・アレナメヒコでデビューを果たしただけでなく、第2戦目にはメキシコ生誕200周年特別興行というビッグマッチへ出場。一気にエストレージャの道へ駆け上った。以後も栗原は定期参戦を繰り返し、メキシコ全土にブームを巻き起こした。またRayも同ルートによりCMLL参戦の道を開く。さらに翌年5月には、新たに誕生したREINA女子プロレスとの提携を結んだ。
 REINA旗揚げ戦では当時、20度の防衛回数を重ねていた絶対王者・アマポーラがライバル・マルセラの挑戦を受けてタイトル戦を行なった。

▼2010年5月8日 CMLL世界女子シングル選手権試合時間無制限3本勝負
 アマポーラ(2−1)マルセラ
[1]マルセラ(7分27秒/変形サーフボードストレッチ)アマポーラ
[2]アマポーラ(2分43秒/エル・プルポ)マルセラ
[3]アマポーラ(5分9秒/デビルウイング→片エビ固め)マルセラ
※第12代王者が21度目の防衛に成功。

マルセラVSアマポーラ
 日本で初めてCMLL所属選手同士のタイトルマッチが実現。久々の来日となるアマポーラに来日経験豊富なマルセラが挑む図式で、3本勝負により争われた。グラウンドでの攻防から鮮やかなコルバタを見せたマルセラは、場外のアマポーラにエプロンで助走をつけてのトペ・コンヒーロ。肩に担いだアマポーラを自身のヒザの上に落とすと、変形のサーフボードストレッチで両腕を極めて1本を先制。しかしアマポーラは変形のカンパーナでマルセラを吊り上げてギブアップを奪い、スコアをイーブンに戻す。勝負のかかった3本目は互いにリバース・ゴリースペシャルを掛け合う攻防からアマポーラがロープの間をすり抜けるトペ・コンヒーロを発射。マルセラはミサイルキックやダイビング・フットスタンプで追い込むが、最後は王者が開脚して尻もちをつくフォームのダブルアーム式フェースバスターで3カウント。試合後は握手をして抱き合うと2人で手を上げた。




inserted by FC2 system