REINA


RESULT/試合結果

また逢う日まで
2015年9月4日(金)午後7時/東京:新木場1stRING
観衆135人


■華名のREINA世界女子王座返上

華名
試合に先立ち、第3代REINA世界女子王者の華名がREINAチャンピオンシップ実行委員会へ正式にベルトを返上した。

■オープニング

朱里、真琴、成宮真希、小波
朱里の「みんなREINAの時間だよ」の号令で朱里、真琴、成宮真希、小波が登場。
尾崎紀世彦の「また逢う日まで」に乗ってダンスを披露。それぞれが「Ilove NY」のTシャツを着用。凱旋となる朱里によるNYの風を吹き込むオープニングとなった。
そして各選手が決意を述べてからのスタートとなった。
小波「今日は下克上で天下を取ります」
成宮「ベルトが私を呼んでいる声が聞こえてきます。ベルトのためにも頑張るわ」
朱里「優勝してナルシスト軍を増殖したいと思います」
真琴「勝つのはもちろん、みなさんに恋をしてもらえるような闘いをしたいと思います」

■第1試合■REINA世界女子王座トーナメント1回戦=30分1本勝負
○中森華子 6分36秒
ビクトリーAクラッチ
小波●
※中森が2回戦へ進出

中森華子
白く顔面をペイントした中森が登場。ピエロの魂はきっちりと受け継がれている。いっぽう、華名の愛弟子である小波が登場。華名の意志を受け継ぐもの同士の闘いとなった。 中森の腕攻めを小波はドロップキックで返す。さらにコーナーへのキックを見舞っていく。小波はけりを連発していくが、中森はミサイルキックで返す。さらに連発で決める。 小波はハイキックでやり返すとコナロックへ。さらにスクールボーイを決めていく。ソバットから膝蹴り、ローキックと小気味よく決める小波だが、中森にフィッシャーマンで切り返されると、ローキックからのハイキック、シャイニングウイザードを食う。そしてビクトリーAクラッチに決められると小波がギブアップ。 これで中森の2回戦進出が決まり、シード枠のシルエタとの対戦になった。

■第2試合■REINA世界女子王座トーナメント1回戦=30分1本勝負
○朱里 9分01秒
ジャーマンスープレックスホールド
星ハム子●
※朱里が準決勝へ進出

朱里
朱里がハム子のセクシーDVDを見てトーナメント参戦を勝手に決めたという因縁の対決が1回戦で実現。観客から「セクシー対決」の声が飛ぶ。朱里は千春リングアナから「二刀流女子プロレスラー、朱里」とコールされた。
ハム子の一挙手一投足に「フュー」というかけ声が飛ぶ。これを意識した朱里が観客に投げキッスを送ると、「フュー」の声。しかしハム子だけはゲロポーズ。
続いてハム子が足を挙げると朱里がゲロポーズ。これには観客がブーイング。ここでハム子がタックルを連発するも、朱里は倒れず。
今度はともに「オマエが行け」と譲らず。ハム子は「一緒に行こう」と妥協案を示し、朱里もOKするが実際にはロープに飛ばす、帰ってきたハム子をローキック。これには観客もブーイング。
ここで朱里は鏡を取り出し、ハム子を映し出す。ハム子はこれに対してお腹を顔面に当てていく。さらに「お・し・り・だー」からのフェースバスター。さらにはドスコイ逆エビへ。再びスタンディングの攻防になると、ハム子が突っ張り。
これに朱里は投げっぱなしジャーマンからPK。ハム子はベイダータックル。朱里はハム子の腹を蹴るも「ポーン」と跳ね返す。ここでハム子はシャイニング腹ザード。観客からはハム子コールが発生。さらにブロックバスターからのボディプレスを狙うがこれは自爆。ここで朱里がボマイエ。カウント2で返すハム子。またも大ハム子コール。朱里はローキックからミドル、ヒザを当てていく。これもカウント2。ハム子は相撲ラリアット。しかし朱里はハイキック。これも2で返すが、朱里はあせらずジャーマンでトドメを刺した。
大健闘となり、ブレイクしたハム子に朱里は鏡を合わせ、二人でポーズ。これにて朱里は準決勝へ進出、中森VSシルエタ戦の勝者と対戦が決まった。

■第3試合■REINA世界女子王座トーナメント1回戦=30分1本勝負
○山下りな 10分06秒
体固め
真琴●
※山下りなが2回戦へ進出

山下りな
真琴、山下ともにピエロメイクで登場。ピエロ軍同士の対決となった。
まずはタックル合戦は3発めで山下が打ち勝つ。山下はナックルを連打すると、ロープに真琴をくくりつけてのチョップを見舞う。山下はファンへ「優勝するぞー」のアピール。続いて真琴は側転で動きをかわすと、リバースフルネルソンへ。
真琴はサイドのヘッドロック。しかし山下もナックルで返すと、ランニングしてのダブルチョップ。真琴は回転エビからのワキ固めへ。山下は背後に回りスリーパー。山下もチョップからのタックルで返す。
山下はラリアットを連打。カウント2で跳ね返す真琴。山下の追い討ちラリアットを耐えた真琴はパターダアルディエンテを決めるがカウント2。スピアーを狙うも、これを山下が耐えて逆ブレンバスターへ。山下はラリアットに行くがこれは2で返すと、今度はスピアーに成功。肉弾戦の攻防となり両者ダウン状態へ。
しかしスタンディングの展開から真琴がカサドーラ、しかし山下もタメを作るバックドロップ。そしてレインメーカー式ラリアット。最後は豪腕ラリアットを決め3カウントを奪取。ついに粘る真琴を下しての勝利を得た。
試合後、山下が握手を求めるも真琴はこれを突き飛ばす。まさかの真琴&山下に亀裂が??何はともあれ山下が2回戦へコマを進め、藤本つかさとの対戦が決まった。

■第4試合■REINA世界女子王座トーナメント1回戦=30分1本勝負
○藤ヶ崎矢子 3分58秒
カンチョー→エビ固め
成宮真希●
※藤ヶ崎矢子が準決勝へ進出

藤ヶ崎矢子
まずはヘッドギアを装着した矢子が登場。続いてREINA-CMLLインター王座を腰に巻いた成宮がリングイン。
まずは矢子が先制のドロップキック。そして丸め込んでいく。これに怒った成宮はキャメルクラッチにとらえ顔面を攻撃していく。
矢子はクロスチョップからドロップキック、しかしボディスラムを逆に返され、ギロチンドロップを食う。矢子はドロップキックで返すが成宮もスピアー。ここで成宮がブレンバスターへ。矢子は足をすくって成宮をカンチョーするとそのままエビ固めにとらえ3カウントを奪った。まさかの3カウントに場内は大爆発!
「これが尻神教のちからだー! 成宮さん、今どう見てもシアワセそうじゃないですよね。(館内爆笑)…そんな成宮さんにはシアワセになれるよう保証しますよ、志田さんにも伝えておきます」と勧誘。
これに成宮は「オー・ノー」とばかりに両手を宙に上げて引き上げたものの、果たして…。
これで矢子は準決勝に進出。山下VS藤本戦の勝者と対戦する。

■第5試合■華名REINAラストマッチ=タッグマッチ60分1本勝負
朱里
○華名
19分25秒
カナロック
真琴
小波●

朱里&華名
休憩時間中のアイスリボン(星ハム子&千春)、グラン浜田興行(渡辺代表)によるインフォメーションを経てメインへ。
朱里&華名は最初で最後となるダブルによるキレッキレのダンスを披露。合間にセコンド陣も加わっての豪華版。過去と比べても比較にならないといってもいいほどの完成度の高さだ。
まずは華名と小波の師弟対決でスタート。華名が腕を取り腕ひしぎを狙うも小波はロープへ。ここで朱里にタッチ。スムーズに流れていく朱里&華名組。
朱里&華名
朱里はグラウンドヘッドロック。さらに腕ひしぎに狙うと、華名も真琴のカットに入るなど、好連携を見せる。小波はなんとか逃れて真琴へスイッチ。朱里と真琴、両者の力比べから真琴がタックル。朱里もアームホイップからの低空ドロップキックへ。
ここで華名がヒップアタック。真琴も前蹴りから小波がローキックを連打。華名の張り手に小波も張り返す。さらにはナックル合戦へ。最後となる師弟対決を思う存分にやり合う。続いて朱里が背中へのローキック。ここで再び華名へ。
小波が何度もナックルで前に出る。先ほどのやり残した分まで殴り出る。華名はローキックで返すと逆エビへ。朱里はコーナーへ小波を追い詰めるとキックの連打からグラウンドスリーパー。
ここで華名がスライディングキックを決めると真琴が助太刀に入り、小波とのダブルドロップキック。さらに小波は華名にドロップキックを決める。ここで真琴が華名を前蹴りでダウンさせるとフットスタンプ気味に押し込んでいく。
華名は真琴の動きを止めると卍固め。そして朱里もグラシアスに決める。華名&朱里による競演だ。
朱里&華名
真琴は華名に人間風車固め。しかしスピアーはワキ固めに返される。ここで朱里と真琴がナックル合戦。朱里が膝を連打するが、真琴がスピアーで返す。両者ダウン。先に立ち上がった朱里がボマイエへ。真琴は三角とびのボディアタックで返すと小波へ。小波が何度もローキック。さらに張り手。朱里は背中へのローを決めるが、小波は立ち上がり、ナックルとローの連打から背中へのローも連発して倍返し。さらに腕ひしぎにとる。朱里はロープへ。
朱里と小波は再びナックル合戦。朱里はブレンバスターホールドから腕ひしぎ。真琴がかろうじてカットへ。朱里はニー、華名はヒップアタックで小波を追い込むと、朱里がPK。小波が追い詰められる。
華名が「これで終わりかー」と叫ぶと小波が張り手の連打からグラウンドのスリーパーへ。しかし華名も裏アキレス腱にとらえて反撃。ここで真琴がカットすると、小波は619。そして強烈なローキックを華名の顔面に決めるとカウント2.9。そしてフィッシャーマンから朱里へも延髄蹴り。
ここで朱里がロー、華名がバズソーという連携を見せる。それでも小波が丸め込みを連発してカウントを取りいにいくがいずれもカウント2。
華名はスタンディングからカナロック狙いにいくが、小波が驚異の粘りを見せてなんとかロープに逃れる。小波の頑張る姿勢が師匠に伝わる。
それでも手を止めない最強コンビ、朱里のハイから華名のバズソー、そして最後は華名がカナロックに決めてついにギブアップとなった。

朱里&華名
試合が終わり、握手を交わす4者。華名がマイク。「こんばんわ。REINAに出るのはこれが最後です。いろいろブーイングなどやっていただきありがとうございました。REINAにとびこんだのは1年前やと思うんですが、朱里とはずっとずっと前からやってて、『REINAを新しくしておもしろくする』と言ったのは朱里がいたからです。ちょっといじめすぎたけど彼女は愛情やと受け止めてくれたと思います。私はいなくてもREINAは一生懸命やってるので、これからもよろしくお願いします。朱里、今までいじめてきたけど、また逢う日まで、ありがとう」
ここで4選手から花束をわたされると華名は「いやー、うれしい。ありがとう。小波もがんばってな」とエールをおくる。
すると尾崎紀世彦の「また逢う日まで」が館内に鳴り響く。4選手は華名を囲んでのダンスでお別れ。
最後にREINA4選手がそれぞれがいつものフレーズで自己紹介したあと、華名が振られると「珍しく熱出したけど、練習いっぱい頑張った華名ですー」と、自己紹介してのエンディングとなった。
朱里&華名





inserted by FC2 system