REINA


RESULT/試合結果

2014.6.29
新木場1stRING 観客220人(超満員)



▽30分1本勝負
新田猫子(6分15秒、体固め)日向小陽
※キャット空中ニャン回転から。


 あきば栞の欠場により、急遽出場となった猫子。小陽がドロップキックの連打で追い込みをかけ、続けてトップロープからのフライングボディアタックも爆発させるが、ミサイルキックで反撃を受けると、セカンドロープからのドロップキック。日向も丸め込みの技でやり返すが、猫子がミサイルキックからのサイドバスター、さらにはキャット空中ニャン回転で3カウントを奪った。

▽30分1本勝負
アレックスリー(6分22秒、体固め)加藤悠
※ネックハンギングボムから


リーがゴング開始からレフェリーの防止を制して攻撃を加えていく。しかしこれを加藤がなんとかかわすとコルバタ式のスクールボーイから、腕ひしぎで突破口を狙う。しかしリーは片腕一本で持ち上げる。さらにはネックハンギングボムに捕らえると、1発でフォールを奪った。

▽覆面マニアプレゼンツ〜ミクストマッチ 30分1本勝負
○SYU☆RI&マッチョ・パンプ(12分23秒、エビ固め)●キッドタイガー&Ray
※ラ・マヒストラルから


ついに注目のSYU☆RIがデビュー。マッチョ☆パンプとのタッグで登場。空手をモチーフとしたオリジナルポーズも決まる。先陣はマッチョとキッド。キッドが猫独自の動きを見せると、マッチョもやりにくさを見せる。そしてアームホイップでキッドが躍動すると注目のSYU☆RIにタッチ。まずはSYU☆RIがアームホイップからティヘラ。ここでキッドがRayにタッチ。しかしSYU☆RIはここでタッチをして絡みは実現せず。マッチョが握手を求めると、Rayは拒否。飛び込みざまのコルバタへ。マッチョはたまらず場外へ。今度はRayが水平チョップ。さらにキッドタイガーがツメ攻撃。今度はSYU☆RIとRayへ。んまずはSYU☆RIがローキックを連打。Rayもこれをかわして今度は619へ。そしてムーンサルトを見せるがカウント2。続いてキッドがブレンバスターを3連発からのムーンサルトを狙うがこれは自爆。この間にコルバタからのスクールボーイからマヒストラルを見せて3カウント。見事、デビュー戦を勝利で飾った。Rayは「マスクマン、SYU☆RI、今日はちょっとしか当たることができなかったけど、かっこいいよね。私、覆面だらけの興行をやってます。そこにSYU☆RIこの姿で出てほしいと思いますけど、どうですか」と言うと観客も呼応。続けて「しかもタッグがいいな」とパートナーを要請。SYU☆RI&Rayの夢の覆面タッグが、次回のRay興行にて実現しそうだ。

▽インターナショナルリボンタッグ選手権60分1本勝負
成宮真希&○世羅りさ(13分34秒、体固め)真琴&●小林香萌
※ダイビング・ダブルニードロップから。王者組が3度目の防衛に成功。


世羅と小林のドロップキック合戦から試合はスタート。その後、世羅はジャイアントスイングを見せ、今度は成宮がヘアホイップ。さらにカンパーナと攻め込んでいく。世羅も真琴をとらえるとカンパーナへ。それでも反撃を試みる小林はドロップキックの連打でやり返していく。成宮は逆エビに捕らえるが、ロープに逃れると、セントーンで反撃。さらに真琴もボディアタックからミサイルキックへ。そして一回転してのグラウンドコブラを見せる。今度はパンチ合戦から真琴がブレイジングチョップ。しかし飛び込みざまにドロップキックで成宮もやり返す。しかし真琴も無気力キックを決めるがスパインバスターで返される。さらにブレンバスターと畳み掛けていく。そいれでも小林にタッチすると、世羅に対してドロップキックの連打。そして、ナックル合戦へと移行。一瞬の切り返しを見せた世羅は世羅リズムバスターからフォールを狙うがカウント2。ここで小林も丸め込みの連打からミサイルキック。さらにはヒップドロップと決めていくがいずれも切り返す。ここで成宮もカットに入り、成宮のコーナーキックから世羅のランニングニーへ。そしてコーナ−からのニーを決めるがカウント2。ここで世羅はエアーズロックを決めるも真琴がカット。さらにもう一度、狙うもこれもカウント2で返す。ならばと世羅がダイビングダブルニードロップを決めるとついに小林も力尽き、成宮&世羅の.STAPが防衛成功を果たした。成宮は「目指すところはマッスルビーナスの9回を超えなきゃいけない。他団体さんのリングでのタイトル、どうなんだろう、昔返上した真琴さんとやってどうなんだろうと思ったけど、こうして防衛して価値が高まってきたんじゃないかと思う」といえば、世羅は、「私は金曜日に小林と引き分けたばかりで、アイツから取らないと気がすまなかったです」と小林からの勝利に喜びの表情を見せた。

▽REINAタッグ選手権 60分1本勝負
○堀田祐美子&ラ・コマンダンテ(11分43秒、体固め)亜利弥&●雫有希
※グーパンチから。堀田&コマンダン組が新王者となる。


まずは堀田&コマンダンテが奇襲攻撃。場外で散々、亜利弥&雫を痛ぶっていく。さらにはリング上で亜利弥を捕らえると、コマンダンテもネックハンギング。それでもようやく雫にタッチするとタックル合戦へ。コマンダンテが打ち勝つと、カンパーナを慣行。それでも雫もコブラツイストで反撃するも堀田がカット。再び場外戦となり、堀田がチェーンを持ち出すと、売店の机、さらには南側最上段の壁にぶち当てる。リングに戻った堀田はコマンダンテとともにチェーンでのクロスライン。今度は雫をとらえると絞首刑へ。そして堀田、コマンダンテとコーナータックルの2連発。ありやのカットから逆さ押さえ込みをかけるがこれは2カウント。今度はスピアーからチョークスリーパーを決めるも、コマンダンテがカット。堀田は腕ひしぎ、さらにコマンダンテがラリアット。雫はスクールボーイを狙うもこれは2カウント。続いて、堀田がグーパンチを決めるとついに3カウントを奪取。REINA世界タッグが移動した。堀田はベルトを手にすると、「もっと強い相手いねえのか、私たちがこのベルトを持った以上、このREINAを盛り上げていくよ。このベルトに挑戦したいというやつが上がらなきゃいけないといけないんじゃないのか。まあ、いいよ、私たちはどんなやつでも挑戦を受けるよ、わかったか?」とアピールすると引き上げた。




inserted by FC2 system